ナーシングヘルスケア株式会社 仕事をしながら出来る介護を提供します

お知らせ

「第1回 介護業務管理部門 研究発表会」開催

2016年9月10日、職員教育の一環として「第1回 介護業務管理部門 研究発表会」を開催しました。
口述発表第1部では4題 口述発表第2部では3題の発表がありました。全事業所、多職種の職員が集まり熱心な質疑応答が交わされました。

第1回 介護業務管理部門 研究発表会の様子

口述発表内容

口述発表 第1部

演題 発表者
山間地域への訪問が多いステーションに必要な災害対策 訪問看護ステーションうねび
古川 美智子
認知症高齢者の多職種連携による服薬支援方法の検討 訪問看護ステーション城東
深田 美保
アルコール多飲により認知症の進行がみられる利用者への支援
~その人らしい日常を取り戻すために~
ケアプランセンター堺下田
西山 澄子
在宅ALS利用者への自律支援
~どんな状態でもなじみの人との交流が出来る~
訪問看護ステーションうねび
谷村 賢司

口述発表 第2部

演題 発表者
かんたきを利用した多職種での看取りに対する受け止め方の違いとケアの課題 かんたき上新庄 
渡邉 紗妃
電器店経営と認知症高齢者介護の両立を支える かんたき大東・城東 
山本 多加夫
かんたきリハビリテーションにおける現状と課題 かんたきセラピストチーム 
池田 秀人